CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
LATEST ENTRY
上海は地下鉄が便利
ARCHIVES


CATEGORIES

RECENT COMMENT
RECOMMEND



MOBILE
qrcode


PROFILE
OTHERS

<< 聯通のモバイル通信用SIM(4G)を格安で入手(1) | main | メイソウは誰がどう見ても確信犯ですね! >>
聯通のモバイル通信用SIM(4G)を格安で入手(2)
0




    JUGEMテーマ:中国
     
    前回は「聯通のサイトで4G(LTE)SIMを入手するに至った経緯」を記事にしました。

    今回はその続編です。

    私の実体験による具体的な購入までの手順です。

    友人に「文章が回りくどい」と言われたので、今回は画像を多め、文章少な目にしてみました。

    「分かり易い」と思われた方は最後にポチッとお願いします。


    前回の記事を未読の方は、先にチェックして頂く事をお勧めします。

        ↓ ↓ ↓

     「聯通のモバイル通信用SIM(4G)を格安で入手(1)



    では、ここから本日の本題を開始します。

    聯通の公式サイトからSIMを格安で買う具体的な方法。



    掲載画像に関して


    ・ 画像はクリックで拡大できます。

    ・ 表示速度を速めるために画質を落としています。



    ■1)先ずは連通の公式サイト(WEeb Shop)へ

     ⇒ http://www.10010.com

    画像-A (聯通トップ画面)



    ■2)目的のSIM購入ページに行きます。

    このページは4G(LTE)SIMを必要なオプションを選んで組み合わせ購入するためのページです。

    つまり自分に合ったLETパッケージを組めるわけです。


    画像-B (4G組み合わせへのメニュー画面)

    進行手順は画像に書き込んであります。

    手順通りに進めば 画像-C の「4G組み合わせ画面」に行きます。



    画像-C (4G組み合わせトップ画面)


    ‐絣の通の場合は「全国版」「上海版」の何れかを選びます。

    「全国版」は通信単価が少し高いが、中国全土で統一料金。

    「上海版」は上海市内での通信単価は安いが、上海市から出るとローミング単価で課金されます。

    単価の詳細は開いたサイトの下部に出ていると思います。



     私が使っているNEXUS7(LTE対応)
     中国で使えるSIMフリータブレット
     もちろん日本国内でも格安SIMでLTE接続が可能です。



    ■3)具体的に組み合わせを選んで行きます。

    画像-C の◆,鬟リックして作業する画面です。


    組み合わせのルールは一つだけ!

    「移動データのオプションが必須です。」

    つまり、最低でも「100MBのデータ量 = 8元/月」をパッケージに入れなければなりません。

    「音声通話」「ショートメール」「着信通知」は必須では有りません。


    私の契約は 300MB/月 = 月額 16元 だけです。

    音声通話、ショートメール、着信通知 は選ばずに購入できました。

    下の 画像-D を見て頂ければご理解頂けると思います。

    画像-D (組み合わせ選択)




    ■4)組み合わせを選んだら、次に電話番号を選びます。

    画像-C の をクリックして作業する画面です。

    音声通話無しでも電話番号は必要です。

    将来的に音声通話オプションを加える可能性も有ると思いますので、一通り目を通し気に入った番号を選ぶべきだと思います。


    下の画像のポップアップ画面がでるので、作業的には番号を選んで「確認」をクリックするだけです。

    画像-E (番号選択)



    ここまでで購入手続き前

    ・主にサービスを利用するエリアの選択(画像C- 

    ・組み合わせ(オプション)の選択(画像C-◆

    ・番号の選択(画像C-)

    は終了です。


    画像C - (購入)をクリックして購入前の確認に移ります。



     中国で使えるSIMフリースマホが便利です!
     中国でも使える高性能スマホ
     日本/中国両方の周波数に対応するスマホ選びが大切!



    ■5)組み合わせた内容の最終確認

    下の 画像-F の通りです。

    「金額」「組み合わせ内容」「番号」など、

    支払手続き前の最終最終確認をする画面です。


    画像 -F (支払前の最終確認)



    内容を慎重に確認して「購入」をクリック。

    購入手続きを開始します。


    ■6)発送先情報の確認

    商品(SIM)の発送先を入力する画面です。

    発送先なので、氏名や住所は所有者と一致しなくても良いかもしれません。

    但し、前回の記事に書いたように、

    ・聯通から申し込み受付のショートメール

    ・本人確認の電話

    が来るようなので、発送先には購入者の名前、購入者の携帯番号を入れた方が確実だと思います。

    前回の記事にも書きましたが、ネットでの購入には「身分証」の画像をアップする必要があります。

    身分証を持っていない人は、中国人など身分証を所持している人の協力が必要になります。

    私の場合は中国人の知人の名義で買って頂きました。


    画像 -G (発送先の入力)



    ■7)購入者の個人情報確認

    中国(日本もですが)では音声通話、データ通信、固定電話の何れであっても、通信機器を使うには購入者の本人確認が必要です。

    通信各社の窓口で購入する場合はパスポートさへ有れば購入できますが、ネットで購入する場合は身分証が必要です。

    以前は必要無かった「身分証の画像をアップロード」する手順が、3月1日(2月1日?)から当局の指導により追加されたからです。

    これにより身分証が無いとネットで安価なSIMを購入する事が出来なくなりました。

    その辺の事情は前回の記事をご参照下さい。


    画像 -G の「発送先入力」のページを更に進めて行くと(同じページ内)、次に入力が必要なのが所持者の個人情報(画像-H を参照)です。


    画像 -H(所持者の個人情報入力)



    「身分証画像」のアップロードが終了し、その他の注意事項(同意事項)を確認すれば購入申請は完了です。


    後は画面の指示に従って支払いを済ませるだけです。

    支払は「身分証」の名義と一致する必要は有りません。

    私は「中国工商銀行のネットバンキング」で自分の名義で振り込み手続きを行いました。

    タオバオ、中国アマゾン、1号店などの通販で商品を購入するのと同様の手続きです。

    中国の主要銀行、支付宝などで支払いが可能です。

    もちろん「着払い」を選べば配送時の代金引換えが可能です。



     中国でGメールやツイッターに接続したい方に
     月額 1.080円で同時に3台の端末を接続出来るVPN!
     4G回線をフル活用するにはVPNが欠かせません!



    ■8)聯通からの連絡

    購入手続き、支払手続きが完了する都度にショートメールで連絡が来たそうです。

    私の場合は知人の名義、携帯番号で買って頂いたので、SMSでの連絡も知人(中国人)の携帯に送信されてきています。

    以下は知人から転送して頂いた画像です。


    画像 -J(連通からの確認メール)



    聯通からSMSを受信した時点で購入・支払手続きは完了です。

    後は商品の到着を待つだけです。

    但し受け取りに際しては少々注意(下記)が必要です。


    ■9)受け取り

    宅配での受け取りには下記が必要です。

    ・身分証のオリジナル(配達業者に見せる)

    ・身分証(表裏)のコピー(配達業者に渡す)

    なので、購入名義の人の住所を「発送先」に指定する必要が有ります。




    尚、「発送先」を指示、身分証コピーのアップロード等が終わると

    「聯通営業窓口で受け取る」というダイアログが出ます。

    このダイアログは申し込みの途中時点では出て来ないので、私も営業所での受け取りが可能だとは思いませんでした。


    これにチェックすると身分証持参で本人が行けば、その場で受け取る事も可能です。

    但し、受取が可能なのは下記の2ヵ所の聯通ネットショップ営業所だけ

    ・浦西 = 中山公園、聯通ビル8階

    ・浦東 = どこだったか覚えてません。

    聯通のネットショップと一般営業所は恐らく別会社です。

    従って普通の聯通ショップでの受け取りはできません。


    私は知人に同行して頂き、中山公園(地下鉄駅の上)の営業所で受け取りました。

    その為に聯通からの電話連絡が有ったのかもしれません。

    「4月30日の午前以降に受け取りに来てください」

    という電話が知人の携帯に有ったそうです。


    手続きしたのが4月28日の夜中。

    4月29日の昼過ぎには電話が有ったそうです。

    意外に速いので驚きました。

    聯通営業所での受け取りも非常にスムーズでした。


    以上で一連の手順は終了です。

    SIM購入を考えている方の参考になれば幸いです。

    当サイトを応援頂ける方はポチッと!
    もっと役に立つ中国関連の記事をお探しの方も
        ↓          ↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   


    1から解説! ドメイン・サーバー準備
    そして、Wordpressでブログを公開するまでの全手順


    ***



    −−−−
    | 役立つかも情報 | 15:27 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする