CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
LATEST ENTRY
上海は地下鉄が便利
ARCHIVES


CATEGORIES

RECENT COMMENT
RECOMMEND



MOBILE
qrcode


PROFILE
OTHERS

<< 新幹線チケットを紛失し改札でトラぶったトホホな話 | main | 元旦からセカイVPNで3台同時接続! >>
あの「唐揚げキング」が出前!
0




    JUGEMテーマ:中国
     
    「唐揚げキング」と言えばポンコツ先生?

    そのポンコツ先生を偲ぶわけでは有りませんが、偶然に発見しました。

    もちろん「ポンコツ先生」では無く「唐揚げキング」ですけど・・(笑)

    仕事帰りの道すがら


    「ん?」

    「なんか見た事あるような・・」


    それがコレです。

     ↓↓↓



    「唐揚げキング」の出前自転車(電動車?)


    日本だと出前(宅配)と言えば、そば屋、寿司屋、ピザ屋、ラーメン屋、と決まっています?が、中国は何でも有りです!(笑)

    但し、マックやドミノピザなど大手は自社便ですが、それ以外は殆どが提携です。



     2年連続売上げNo.1
     三段重おせち料理
     12月30日のお届け!


    既にお気づきだと思いますが、「出前業者」なる業態が存在します。

    もちろん「宅配業者」とは異なります。

    「出前業者」は出前エリアを設定し、そのエリア内に有る飲食店と提携をするわけです。

    つまり自社では厨房を持たず「提携飲食店の料理を運ぶだけ」の業態というかサービスです。


    憶測ですが、

    例えば本人が店に出向いてチャーハンを食べれば20元。

    それを出前にすると21元。

    つまり表面上は1元(5%)の出前代を客から取る訳です。

    実際には飲食店と18元(2元安)の単価で提携しており、提携先からは2元の利益が出る。

    つまり飲食店と客を会わせて、計15%の粗利となる。

    利益率で考えれば、リスクが無いので悪い商売では無い。

    唯一のリスクは出前時の事故と、代金の持ち逃げ?

    但し、持ち逃げされても大した額では無いので、リスクは殆ど有りません。


    ・利益率15%(想定)

    ・従業員は臨時雇いのバイトで歩合給

    ・出前用の電動車やバイクはバイトで雇用した人の自前

    ・道端に駐輪するので駐車場代はゼロ

    ・受注から出前指示まで全て携帯(微信やショートメール)で完結


    一度システムを構築してしまえば、客が増えれば増えるほど利益率・利益額共に増える仕組みです。

    しかもリスクは限りなくゼロに近い?

    この商売は中国でまだまだ伸びそうな気がします。


    日本でやっても面白そうでは有りますが、

    ・人件費が高い

    ・規制が多い

    という環境では恐らく「薄利なサービス業」は育ちませんね!



     最も簡単に始められるネットショップ
     無料で開設・月額利用料も0円
     代理決済もOK、手数料も格安!



    2〜3ヵ月前にバカボンが、

    「野菜の宅配を検討している」

    とか言ってましたが、確かに「調理済み料理」は必要条件では有りませんね。

    野菜以外にも「肉」「魚」など生鮮は狙い目かもしれません!


    さて「唐揚げキング」ですが、自社便を走らせるほど需要が有るのでしょうか?

    出前をして貰える「発注ミニマム金額」はいくらなのでしょう?

    ちゃんとアツアツの状態で届くのでしょうか?

    かなり興味があります。(笑)


    当サイトを応援頂ける方はポチッと!
    もっと役に立つ中国関連の記事をお探しの方も
        ↓          ↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   


    1から解説! ドメイン・サーバー準備
    そして、Wordpressでブログを公開するまでの全手順


    ***



    −−−−
    | 新たな発見! | 14:31 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする