CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
LATEST ENTRY
上海は地下鉄が便利
ARCHIVES


CATEGORIES

RECENT COMMENT
RECOMMEND



MOBILE
qrcode


PROFILE
OTHERS

中国の汚職高級幹部は塀の中で超豪華な服役生活!
0




    JUGEMテーマ:中国ならでは?
     
    前回は汚職で検挙された下級公務員の極端な為れの果を私流に書かせて頂きました。

    今回は上級公務員(局長以上のポスト経験者)の塀の中での生活です。

    刑務所内でフカヒレやアワビを食べられるという特異な話ですが、その食費も自費では無いという更に妙な話です。

    囚人に高級食材を供する国が何処に有る?

    と思うでしょうが、それが中国の高級刑務所です!(驚)

    刑務所は本来「司法部」の管轄ですが、中国には一か所だけ「公安部」が管理する刑務所が有ります。

    公安が管理するわけですから、扱いとしては「刑務所」より「留置場」の延長線上に近いものなのかもしれません。

    それが「秦城監獄」いう超特別待遇高級刑務所だそうです。



     中国でGメールやツイッターに接続したい方に

     月額 1.080円で同時に3台接続出来るVPNが登場!
     PC、携帯、タブレットの3台を同時にVPN接続!
     もちろん YouTube や ニコ動 も見れる!



    監獄なので収監される人は犯罪者に間違い無い。

    しかし、「秦城監獄」に収監される人は犯罪者で有る以前に「権力闘争の敗者」なのです。

    権力闘争で負けなければ「犯罪者」にならずに済んだ人達。

    中国の政治権力の闇に蠢く本物の悪人達と言えるのでは?


    その「秦城監獄」の特徴は

     1)失脚以前の職位が局長級以上の幹部を収監

     2)失脚以前の職位に応じて部屋の広さが決まる

     3)全て個室で、20平米以上の部屋も有る

     4)冷暖房完備でホテル並みの施設

     5)新聞や雑誌を自由に読める

     6)回顧録の執筆も許可される

     7)毎日午後2時から9時までテレビを見れる

     8)一般の刑務所のような服役労働は無い

     9)毎食に肉料理、野菜料理が3品以上でスープと果物付き

    10)正月や中秋などにはホテルのシェフがアワビ・フカヒレを調理


    こういうのを「監獄」「刑務所」と言うのか?

    少々疑問だが、もう一つ大きな特徴を知れば納得です。



     一晩寝ても翌日に疲れが残ると感じ始めたら
     協和発酵バイオのオルニチン
     翌朝スッキリと目が覚めるようになります!



    その特徴とは、

    他の受刑者との接触を断たれる事。

    つまり、贅沢で快適な刑務所生活を保証されるが、実質的には独房に収監されている状態になる事です。

    囚人同士のみならず、一切の他人との交流を立たれるそうです。

    散歩や運動も常に一人だそうです。

    それが囚人たちにとって唯一の不満だとか?



    何故だか分かりますか?

    彼等は権力闘争の敗者ではあるが、元は共産党幹部。

    しかも局長級以上の職に在った人達です。

    知り過ぎています。

    現職の幹部(権力闘争の勝者)の秘密を握っている可能性も有ります。


    江沢民の元側近、胡錦濤の元側近等が大勢います。

    彼等が習近平や李克強の過去を知らないとは限りません。

    政治家なら誰でも表に出ては困る秘密の一つや二つは有るでしょう。


    だからこそ贅沢な生活をさせつつ、他人との接触を断っているのです。

    全ては権力闘争の勝ち組の地位と名誉を守る為。


    中国ならではなのか、日本も同じなのかは知りませんが、権力の最上部近辺にいる人はやる事がエグイですね!(怖)



     視力の衰えを感じ始めたら
      協和発酵バイオの天然活性ルテイン
      早い時期にケアする事で効果が増します!




    現在収監されている元閣僚級幹部は10人以上だそうです。

    この人達は何を知っているのでしょうか?


    中国共産党を叩き政権転覆を狙うには、「秦城監獄」に収監されている元幹部にインタビューし YouTube で流す事が最も手っ取り早いかもしれませんね!

    ウイグルやチベットの反政府少数民族は暴力テロより、寧ろ「秦城監獄」から元幹部を脱出させるべきです!

    汚職で捕まった、周永康や薄煕来に本音を喋らせてみたいと思うのは私だけでは無いはずです。

    反政府の過激派メンバーには是非とも頑張って貰いたいですね!(笑)

    当サイトを応援頂ける方はポチッと!
    もっと役に立つ中国関連の記事をお探しの方も
        ↓          ↓
      にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   


    1から解説! ドメイン・サーバー準備
    そして、Wordpressでブログを公開するまでの全手順


    ***



    −−−−
    | 中国の三流情報 | 01:41 | comments(0) | - |
    | 1/30PAGES | >>